<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

かしわ屋源次郎 & クラブハリエ

懸賞 2013年 09月 20日 懸賞

お食事ネタが少々ありますので、
ボチボチご紹介したいと思います。

用事のついでに娘とランチしたのは・・・

「かしわ屋源次郎」
JR博多シティくうてんにあります。

e0133535_1239751.jpg



オリジナルブランドの北崎地鶏と、
朝倉の卵を使った「親子丼」。

並、上、特上とありますが、
鶏肉の量で分けてあるそうです。

食の細い?私達母娘は、
並をお願いしました。

最初に「鶏のスープ」
あっさり美味しいお味でした。

e0133535_123967.jpg



「親子丼」
あっさり鶏ガラベースの元祖味と、
濃いめ醤油味のどちらかを選べますが、
私達はあっさり味に。

久しぶりに外で親子丼をいただきましたが、
たまにはいいですね。

何かホッとするお味で美味しくいただきました。 016.gif

e0133535_1239848.jpg



e0133535_1239999.jpg



一緒に「厚焼き玉子」もお願いしました。
源次郎の刻印が押された厚焼き玉子、
だしが効いてて美味しい!

甘めの味付けですので、
甘くないのがお好みの方は??

私は、玉子焼きは甘いのが好みなので、
気に入りました。

e0133535_1239942.jpg



ランチの後、お買い物をして、
お茶に伺ったのは、

博多阪急B1Fにあります
「クラブハリエ」

美味しいバウムクーヘンと紅茶。 053.gif

土日等はいっぱいですが、
平日だったので、割と空いていて
すぐに座れてラッキーでした。  038.gif

e0133535_12391014.jpg


e0133535_12391190.jpg


e0133535_12391273.jpg



e0133535_12391319.jpg

                           063.gif

e0133535_1239148.jpg

                           056.gif
[PR]

by daichanfukuchan | 2013-09-20 11:45 | 外食事 | Comments(0)

足摺岬にゃんこ & 金剛福寺 & 皿鉢料理

懸賞 2013年 09月 17日 懸賞

          四万十の旅、最終回です。

          素晴らしい景色の足摺岬を堪能して、
          付近を散策してみます。   

          出会いました!
          足摺岬のにゃんこ。 053.gif

          何気に横を通り過ぎていったので、
          驚かせないよう、遠巻きに追い越してパチリ! 
          
          「何か用?」と言ったような? 言わなかったような?
          撮った後、何事もなかったように走り去っていきました、 053.gif


e0133535_13315718.jpg

                             053.gif


          次は、足摺岬展望台近くにありますこちら・・・

          「金剛福寺」に参拝します。

             ・・・金剛福寺(こんごうふくじ)は、高知県土佐清水市にある寺院。
               蹉跎山(さだざん)、補陀洛院(ふだらくいん)と号す。
               宗派は真言宗豊山派 。本尊は千手観世音菩薩。
               四国八十八箇所霊場の第三十八番札所。
               境内には亜熱帯植物が繁っている。
               足摺岬の遊歩道付近には、ゆるぎ石、亀石、刀の石、
               亀呼び場、竜橙の松、竜の駒、
               名号の岩の「弘法大師の七不思議」の伝説が残されている。
               山号の文字「蹉」も「跎」もともに「つまづく」の意味で、
               この地が難所であったことを示している。



e0133535_13385162.jpg




e0133535_1340499.jpg




e0133535_1341865.jpg




e0133535_13421883.jpg



              立派な庭園のあるお寺です。
              次回訪れた時は、ゆっくり時間をかけて
              見学したいものです。


              
e0133535_13425364.jpg



             056.gif今回いただいたお料理を一部ご紹介056.gif

               「皿鉢料理(さわちりょうり)」
                 ・・・高知県の郷土料理。
                   婚礼や葬式、法事や神祭の他、
                   出生の名付け祝いや還暦祝など、
                   宴を催すと言えば皿鉢料理(さわちりょうり)
                   が出されます。

       
               
e0133535_13572672.jpg



               「かつおのたたき」
                  ・・・博多もお魚が美味しいと自負しておりますが、
                    高知でいただく「かつおのたたき」は、
                    もう、絶品です。

                    高知でいただいた後しばらくは、
                    お魚の美味しい博多でも
                    かつおのたたきはいただけません。^^;


e0133535_143625.jpg




                「お 寿 司」
                   ・・・お魚が美味しいから、
                     お寿司もまた、絶品です。

                     思い出しただけでも、
                     またいただきたくなります。


e0133535_1462143.jpg



                    ・・・四万十の旅  完  040.gif・・・
             

            
[PR]

by daichanfukuchan | 2013-09-17 14:09 | 四万十 2013.08 | Comments(0)

足摺岬・足摺岬灯台

懸賞 2013年 09月 11日 懸賞

         今回、足摺岬にも足を延ばしました。
         四万十市から車で1時間かからないくらいでした。

         夫とだいちゃんはお留守番です。
         息子は、都合で早く帰ったので、
         私と娘夫婦の3人で行ってみることに。

         高知には何度も来ていますが、
         観光というものはあまりしていなかったので、
         どうしても行ってみたかった足摺岬に行けて
         本当に良かったです。  038.gif
         

         場所:土佐清水市足摺岬 ・・・(土佐清水市のHPページよりお借りしました)
           四国最南端の岬で、岬の西の臼碆は、
           黒潮本流が直接ぶつかる全国でも唯一の場所です。
           展望台が2ヵ所あり、どちらも視界は270度 (東は足摺岬から
           は叶崎までの海岸美が一望できます)。
           彼方にのぞむ水平線がアーチ状に見え、
           地球が丸いことが実感できます。   027.gif



e0133535_1354397.jpg



























                 案内版にを見てみますと・・・
                 周囲を散策してみると楽しそうです。
       
                 途中、足摺岬温泉街もありましたし、
                 泊りがけで来てもよさそうですね。  060.gif


                 
e0133535_13553356.jpg

                             072.gif

e0133535_13572786.jpg



                   「ジョン万次郎の銅像」
                     150余年前、日本人として初めてアメリカに
                     渡り、測量や航海術などを学んだ後、
                     鎖国時代の日本に帰国し、日本の夜明けや
                     国際交流に多大な功績を遺した。


e0133535_13582315.jpg




























               それでは、展望台からの眺めをば・・・(笑)
        
                   左 手から・・・


e0133535_13592492.jpg



                   中 央あたり・・・


e0133535_1401827.jpg



                   右 手・・・


e0133535_1405972.jpg




e0133535_1413632.jpg


           皆さん! 一度行ってみてくださいね。素晴らしい眺めです。 056.gif

                 ・・・足摺岬近辺の散策へ  つ   づ   く ・・・
[PR]

by daichanfukuchan | 2013-09-11 14:28 | 四万十 2013.08 | Comments(2)

四万十川 沈下橋とだいちゃん

懸賞 2013年 09月 09日 懸賞

         遊覧屋形船で美味しいお昼ご飯と景色、
         伝統漁法を楽しんだ後は、
         こちらも有名な沈下橋に行ってみることに。  058.gif

         
          四万十川の沈下橋とは・・・(四万十市のHPよりお借りしました)
            増水時に川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋のことです。
            緑の山々に青い四万十、そして沈下橋という風景は、
            もっとも四万十川らしい風景でしょう。
            河口からいちばん近い沈下橋は、佐田(今成)沈下橋で、
            橋を渡るときの気分はそう快です。
            他に、四万十市内だけでも、
            深木、高瀬、勝間、口屋内、岩間、長生、中半家、半家の沈下橋があり、
            いずれも四万十川らしい、川と人との関わりの
            感じられる風景が見られます。


        ・・・沈下橋は、高知県による保存対象の47箇所と、
             それ以外に、資料のない橋が10箇所以上あるようです・・・

 
         私達が行ったのは・・・

           「佐田沈下橋」・・・今成(佐田)沈下橋
              中村駅より車で15分。自転車で40分。バスはあるが不便。
              四万十川最下流で最長の沈下橋。
              もっとも観光客になじみのある沈下橋で
              シーズン中は多くの観光客で賑わいます。
              (建設年月日:昭和47年 全長:291.6m 幅員:4.2m )

           テレビ等でよく見る風景ですね。 038.gif
           


    
e0133535_11313889.jpg



            思っていたより橋の幅は広く、長い橋でした。
            でも、欄干のない橋というのに慣れてないもので、
            あまり端の方は歩けません^^;

            車が走ってきた時は、思わず「どうしよう!」と
            思ったくらいでした。
            そんなに、高所恐怖症ではないんですけどね。 008.gif



e0133535_11573517.jpg



            川べりに降りてみました。
            この日の気温38.4℃、
            ぬるめの水につかるだいちゃんです。
 
            前夜からの疲れと暑さでヘロヘロです。 007.gif

            少しでも涼しくしてあげようと顔も濡らしてみましたが、
            気持ちいいのか、悪いのか??

            もちろん、この暑さです。
            ずっと抱いて歩いたのですが・・・

            「だいちゃん、四万十川に入る」ということで、
            記念写真です。  048.gif



e0133535_1231967.jpg


                      056.gif  つ  づ  く 056.gif
[PR]

by daichanfukuchan | 2013-09-09 12:13 | 四万十 2013.08 | Comments(0)

四万十川(遊覧屋形船&食事) その②

懸賞 2013年 09月 06日 懸賞

        遊覧屋形船で美味しいお料理をいただいて、
        次は・・・
        四万十川伝統漁法を見学します。  038.gif


        最初は、
         「柴 漬 漁」       
           ・・・ 椎の木などの枝を束ねた物(柴)を、一晩川に沈めます。
              そして、夜の間に枝の中に潜んでいたウナギやエビを、
              翌日椎の束ごとタモ網ですくいとる漁法です。


e0133535_9455016.jpg



            枝を束ねた柴の下に網を差込み、
            柴の間に入り込んだ獲物(笑)をすくい取ります。


e0133535_9462387.jpg



            捕れたのはウナギでした。
            ウナギをさわらせてもらいましたが、
            ツルッとしていました。

            ヌルヌルしているイメージをもっていましたが、
            全然違うんですね。
            
            時期的にまだ小さかったようで、
            この後、川に戻していらっしゃいました。 


e0133535_9465494.jpg



            漁師さんはKさんといわれ、
            何と!78才のベテランだそうです。
             ・・・余談ですが、ある健康食品の関西向けのCMに
               出演されているそうです。
               元気いっぱいの78才に脱帽です。  040.gif

            
e0133535_947298.jpg




           次は、
            「投 網 漁」
               ・・・船の舳先から十畳ほどもある網を投げ、
                 丸く広がった網で魚を捕まえます。
                 広い網を投げるのは至難の業で、
                 大きく反動をつけるため後ろでぐるりと一回転させる
                 「土佐打ち」という四万十独特のダイナミックな打ち方が特徴です。


e0133535_1032973.jpg



                目の前に網が・・・!
                お見事!!!  038.gif
        

e0133535_104989.jpg



                網を手繰り寄せます。
                ところが・・・
                収穫は0でした。 残念!

                ここ数日の暑さで全く捕れないそうです。
                涼しくなってまた行ければいいんですけどね。


e0133535_1044280.jpg



                収穫はありませんでしたが、
                お話がとても面白くて、楽しいひとときでした。


e0133535_1054162.jpg



                楽しい時間はあっという間に過ぎて、
                船着場に戻ります。


e0133535_1014053.jpg

                           058.gif

e0133535_10143827.jpg

                                056.gif

e0133535_10154042.jpg



























                         029.gif


e0133535_10162914.jpg



                     ・・・つ   づ   く・・・
[PR]

by daichanfukuchan | 2013-09-06 10:22 | 四万十 2013.08 | Comments(2)

四万十川(遊覧屋形船&食事) その①

懸賞 2013年 09月 04日 懸賞

        息子を中村駅で迎えて、向かったところは・・・

        「四万十川遊覧屋形船乗り場」  
        遊覧船もいろんな会社?があるようで、
        比較的に中村駅から近いこちらの遊覧船に
        娘が予約していてくれました。

        「アカメ館」
          こちらは事務所とレストラン、お土産売り場があります。

         
          こちらから遊覧屋形船乗り場までは、
          マイクロバスで送迎してくれました。 024.gif
                    

e0133535_13372666.jpg


 
          だいちゃんはというと、
          最初は連れて乗るつもりでしたが、
          乗せられないので事務所で預かりますと言われ、
          クーラーの効いた事務所に預かってもらうことにしました。

          最初、事務所の方がリードだけでも大丈夫ですよと
          親切に言ってくださったのですが、
          そそうでもするとご迷惑をおかけするので、
          ちょっとかわいそうな気もしましたが、
          キャリーケースに入れて預けました。

          1時間ちょっとの間でしたが、
          事務所の方のお話によると、とてもおとなしくしてしたそうで、
          安心しました。  048.gif


e0133535_14144417.jpg



          遊覧屋形船乗り場に到着!
             なかなかいい景色ですね。 060.gif


e0133535_14782.jpg



               遊覧屋形船の船内
                  畳敷きの結構広い船内です。
                  確か?60人位乗れると言われていたような?


e0133535_13404142.jpg



























              清流四万十川遊覧の始まりです。

              前日の気温41℃と、日本最高気温を記録した四万十ですが、
              この日の気温は確か38.4℃、
              相当暑い日でしたが、遊覧船の中の涼しいこと!

              私は、扇風機があるのかと思い、
              どこに扇風機があるのかと娘に聞いたら、
              川からの風で涼しいのだと、教えてくれました。
              それくらい涼しくて快適でした。  003.gif


e0133535_134381.jpg

                           056.gif

e0133535_13434424.jpg

                           056.gif

e0133535_13442356.jpg



             「四万十の幸弁当」
                こちらも事前に娘が予約してくれました。
                メニューは、
                 ・・・ 鮎のうす炊き・うなぎの蒲焼・
                    ゴリの卵とじ・手長エビの唐揚げ
                    だし巻たまご・四万十のり佃煮・
                     煮物・酢の物・季節のフルーツ・お汁物

                  
e0133535_13452575.jpg


                鮎の塩焼きはよく見ますが、うす炊きは珍しいですね。
                とても美味しかったです。  038.gif


                
e0133535_1346094.jpg


                四万十のウナギの蒲焼と、ゴリの卵とじ。
                四万十ならではの美味しさです。
                ゴリは初めていただきましたが、
                美味しくいただきました。  038.gif


e0133535_13463877.jpg


                手長エビも美味しくて殻ごといただいてしまいました。
                期待以上の美味しさでした。  053.gif


e0133535_13472810.jpg


                四万十のりはご飯にのせて・・・ 038.gif

                
e0133535_13475872.jpg



              ☆四万十川遊覧屋形船編・・・つ  づ  く・・・☆040.gif
[PR]

by daichanfukuchan | 2013-09-04 15:00 | 四万十 2013.08 | Comments(0)